2008年12月26日

ハリポタ英単語 Page 18 : ハグリッド現る

楽々英単語ハリー・ポッター Vol. 1の18ページ目です。

このページは比較的学習する英単語が多くて、10個では足りませんでした。ピックアップした英単語は全部で12個でしたが、今回はそのうち10個だけ学習して、残りの2個は次回に回したいと思います。

このページではHagridが登場します。どんな乗り物に乗って登場し、どんな姿形をしているか注意深く読んでください。

さて、今回学習する英単語です。

grudgingly [副] : いやいや
rumble [動] : ゴロゴロいう
swell [動] : 増大する
roar [動] : 大きな音で動く
astride [前] : またがって
tangle [名] : もつれ
bushy [形] : もじゃもじゃした
beard [名] : あごひげ
trash [名] : ごみ
lid [名] : ふた


まずはこれらの英単語を2-3回読み上げてみて、次にペーパーバックでこれらの英単語がどのように使われているかを確認しましょう。

次にFlashツールを使って英単語を覚えてしまいます。書き取りはなかなかできないですが、くり返し練習して、すらすらと回答できるまでやってしまいましょう。

それが終わったら再度ペーパーバックを読んでみます。最初に読んだときよりもはるかに理解度が高いと思います。








posted by 楽々英語学習クラブ at 09:13| Comment(35) | 楽々英単語 ハリーポッター Vol. 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

ハリポタ英単語 Page 16&17 : ハリーをダーズリー夫妻に預ける?

ハリー・ポッターの原書で英単語を学習するサイトです。文字だけのサイトではなく、各ページに英単語や英熟語を覚えるためのFlashで作成したツールを付けていますので、必ずこれを活用してください。

今回は16ページと17ページに出てくる英単語と熟語を学習します。英単語だけでなく英熟語も随分出てきますね。今回は3つの熟語が勉強できます。

さてこのページでは、ダンブルドーアとマクゴナガルが、ハリーをダーズレイ夫妻に預けるかどうかで議論します。どちらが賛成で、どちらが反対の意見でしょうか?

今回学習する英単語と英熟語です。

dab [動] : 軽くたたく
beneath [副] : 下に
spectacle [名] : めがね
sniff [動] : 鼻をすする
odd [形] : 変わった
jump ones feet [熟] : 跳び上がる
all the way [熟] : ずっと
faintly [副] : 弱々しく
better off [熟] : より恵まれている
swallow [動] : 取り消す


better offという英熟語は気をつけたいですね。better offの後ろに来ている状態が「より良い」という意味になります。

Can't you see how much better off he'll be,

というのは、「彼の将来がどれだけ"より良い"ものになるかわからないのか」という意味になりますね。

さて、これらの英単語と英熟語を2-3回声を出して読み上げてから原書にあたってみましょう。

次にFlashツールを使って、これらの英単語を完全に覚えてしまいます。最後に再度原書を読むのを忘れずに。








ラベル:英単語 英語
posted by 楽々英語学習クラブ at 10:09| Comment(0) | 楽々英単語 ハリーポッター Vol. 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

ハリポタ英単語 Page 15 : ヴォルデモートとハリーについて語る

Harry Potter and the SORCERER'S STONEで勉強する英単語です。

今回は15ページを学習します。

このページでは、ダンブルドーアとマクゴナガルの会話が続いています。ヴォルデモートとハリー・ポッターとの関わり合いについて話をしています。どうやら以前、ダンブルドーアとハリーは出会っているようですね。

それでは15ページで学習する英単語です。

press [動] : 強調する
turn up [動] : 現われる
bow [動] : うなだれる
gasp [動] : あえぐ
reach out [動] : さしのべる
tremble [動] : 震える
glumly [副] : 陰気に
falter [動] : 口ごもって話す
astounding [形] : びっくり仰天させるような
in the name of [副] 〜の名のもとに


まずはこれらの英単語を声に出して2-3回読み上げてから、原書を読んでこれらの英単語が原書の中でどのように使われているのかを確認しましょう。

それからFlashツールを使って完全に英単語を覚えてしまいましょう。最後に再度原書を読んで記憶を定着させます。

ついでに今日は、過去の英単語も復習したらいかがでしょうか。ツールを使えばすぐに復習できますよ。








ラベル:英語 英単語
posted by 楽々英語学習クラブ at 06:12| Comment(0) | 楽々英単語 ハリーポッター Vol. 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

ハリポタ英単語 Page 13 & 14 : ヴォルテモートについて語る

ハリー・ポッターの英単語学習、今回も13ページと14ページの合体です。

ここではダンブルドールとマクゴナガル教授の会話が続きます。面白いのは、You-Know-Who(例のあの人)という言葉が繰り返されます。名前を言うのも恐ろしい相手を示すのに使っているのですね。

それでは、今回学習する10個の英単語です。

irritably [副] : 腹ただしげに
downright [形] : まったくの
sideways [副] : 横から
flinch [動] : たじろぐ
unstick [動] : はがす
exasperate [動] : いらいらさせる
flatter [動] : こびる
blush [動] : 恥ずかしく思う
earmuff [名] : 耳覆い
pierce [動] : 突き刺す



それでは今日もがんばって英単語を覚えてしまいましょう。







ラベル:英語 英単語
posted by 楽々英語学習クラブ at 06:20| Comment(0) | 楽々英単語 ハリーポッター Vol. 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリポタ英単語 Page 12 : マクゴナガル教授

ハリー・ポッターによる楽々英単語学習、12ページ目です。

今回でついに100単語目となりました。あっという間で100個達成です。この機会に過去に学習した英単語を復習してみましょう。これらの英単語は、この後のページでもくり返し出てくるので、いまのうち復習しておくと、これから先のページを読み進めるのがぐっと楽になるでしょう。

さて12ページ目には、マクゴナガル教授が出てきます。実はもっと前のページから出ていたのですが、気づいていましたか。ハリー・ポッターを知っている人なら誰でも気づいていたとは思うのですが。

さて、12ページ目で学習する英単語です。

square [形] : 正方形の
distinctly [副] : はっきりと
ruffle [動] : こころをかき乱す
stiffly [副] : 堅く
feast [名] : 宴会
sniff [動] : 臭いをかぐ
jerk [動] : ぐいっと動かす
flock [名] : 群れ
precious [形] : 貴重な


まずは上記の単語を声に出して2-3回読み上げてみましょう。それから原書にあたって、これらの英単語がどのように使われているかを確認します。

次にFlashツールを使って、英単語を覚えてしまいましょう。最後に再度原書を読み返して、記憶を定着させます。







ラベル:英語 英単語
posted by 楽々英語学習クラブ at 06:17| Comment(0) | 楽々英単語 ハリーポッター Vol. 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリポタ英単語 Page 11 : ダンブルドーア登場

ハリー・ポッターの英単語学習、11ページ目です。今回学習すると、学習した英単語は98個になります。いよいよ次回で100個です。

忘れずに復習をしてください。100個の英単語を復習しても、このツールなら10分で終わります。

さて、このページには(というか前のページの最後のところで)、Albus Dumbledoreが登場します。一体、どんな人物なのでしょうか。ライターのようなものを使って、不思議な魔法を行います。

それと、tubby catもその正体を現すことになります。

さて、今回の英単語は以下の10個です。

unwellcome [形] : 歓迎されない
rummage [動] : くまなく捜す
amuse [動] : おもしろがらせる
chuckle [動] : くくっと笑う
mutter [動] : 低く不明瞭な声で言う
flick [動] : はじく
go out [動] : 消える
pinprick [名] : 針穴
beady-eyed [形] : ちいさいぎらぎらした目の
pavement [名] : 歩道


これらの英単語を数回音読したら、次にペーパーバックを読んで、これらの英単語がどのように使われているかを確認しましょう。

そして、ツールを使って意味と綴りを覚えてしまいます。

最後に、再度ペーパーバックを読んで、記憶を定着させましょう。








ラベル:英語 英単語
posted by 楽々英語学習クラブ at 05:51| Comment(0) | 楽々英単語 ハリーポッター Vol. 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

ハリポタ英単語 Page 10 : 家の外ではトラ猫が

楽々英単語 ハリー・ポッター Vol. 1の英単語学習、今回で10ページ目です。途中で7ページと8ページが一緒になったので、10回目ではなく9回目の学習となりますが。

さて、このページでは前半はMr. Dursleyが眠りにおちる場面ですが、後半は、家の前にじっとしているトラ猫の様子と、トラ猫の前に現われた人物について描かれています。

このページに出てくる英単語です。そういえば、熟語もありますね。

get mixed up in [動] : 巻き込まれる
yawn [動] : あくびをする
sleepiness [形] : 眠そうな
statue [名] : 彫像
unblinkingly [形] : まばたきしない
quiver [動] : 揺れる
twitch [動] : 動かす
tuck [動] : すそを押し込む
sweep [動] : たらす
crook [動] : 曲げる


まずはこれらの英単語を声に出して2-3回読み上げてから、ペーパーバックを読んで、どのようにこれらの英単語が使われているかを確認しましょう。

それからFlashツールを使って英単語を完全に覚えてから、再度ペーパーバックを読み返してみます。

単語も英文も、しっかり頭に入ると思います。










元転職エージェントのIT転職情報
posted by 楽々英語学習クラブ at 06:00| Comment(0) | 楽々英単語 ハリーポッター Vol. 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

ハリポタ英単語 Page 9 : Dursley夫妻、寝室で

楽々英単語ハリー・ポッター Voi. 1の9ページ目です。

前回は7ページ目と8ページ目が一緒になりました。今後もこうしたことが多くなるかもしれません。同じ単語が2度出た場合でも、基本的には取り上げるつもりですが、3回、4回と出た場合には取り上げないかもしれません。

そうなると、後半はより進捗が早くなるかもしれませんね。

さて、9ページ目では、Mr. DursleyとMrs. Dursleyのやりとりが中心です。会社では威張りくさっているMr. DursleyもMrs. Dursleyの前に出るとすっかり小さくなっています。

このページで学習する英単語は以下の10個です。

sip [動] : ちびちび飲む
purse [動] : すぼめる
dare [動] : あえて〜する
stiffly [副] : 堅く
nasty [形] : 不愉快な
sink [動] : 弱くなる
creep [動] : 忍び寄る
peer [動] : じっと見る
lay [動] : 横たえる
comfort [動] : 元気づける


まずは上記の英単語を声に出して2-3回読み上げてから、ペーパーバックでそれらの使われ方を確認しましょう。

それを終えたらFlashツールで英単語を暗記してしまいます。

英単語が暗記できたら、再度ペーパーバックを読んで記憶を定着させましょう。









posted by 楽々英語学習クラブ at 06:00| Comment(0) | 楽々英単語 ハリーポッター Vol. 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

ハリポタ英単語 Page 7 & 8 : Mr. Dursleyが家に戻って

ハリー・ポッターのペーパーバックを使っての英単語の学習、今回は7ページ目と8ページ目を一緒にしたいと思います。これらのページにはあまりたくさんの学習すべき英単語はありませんでした。

ちなみに、この楽々英単語 ハリー・ポッターでは基本的な英単語は取り上げていません。これらについては、別途基本英単語のような講座を作りたいと考えています。

さて、7、8ページ目では、Mr. Dursleyが仕事を終えて、家に戻ってきてからの様子が描かれています。家の前には、朝見たのと同じ生き物が相変わらずいます。

そしてニュースでは、イギリス全土にわたって不思議な出来事が起きていることが報じられています。

これについてMr. Dursleyは思い当たることがあるものの、なかなかMrs. Dursleyに切り出すことができません。

このページで学習する英単語です。

stern [形] : 厳しい
wonder [動] : 不思議に思う
pull oneself together [動] : 気を静める
sighting [名] : 目撃
grin [動] : にっこり笑う
oddly [副] : 奇妙に
downpour [名] : どしゃぶり
shooting star [名] : 流れ星
stuff [名] : くだらいないもの
crowd [名] : 仲間


まずは上記の10単語を簡単におさらいして、ペーパーバックの中でこれらの単語がどのように使われているか確認してみましょう。

次にFlashツールを使って意味と綴りをきちんと覚えて、最後にペーパーバックを再読して、記憶を定着させましょう。








ラベル:英語 英単語
posted by 楽々英語学習クラブ at 06:00| Comment(0) | 楽々英単語 ハリーポッター Vol. 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。